ボディメイク×会社員

しんのすけ

Body make

【食事】ダイエット中の炭水化物は抜きべき?【3ヶ月で−10kgの減量に成功した私の経験談】

更新日:

ダイエットしたいけど、やっぱ炭水化物は抜いた方がいいの?

 

今日はこの疑問に答えていきます。

 

 

☑️本日のテーマ

 

【食事】ダイエット中の炭水化物は抜きべき?

【3ヶ月で−10kgの減量に成功した私の経験談】

 

 

☑️本記事の内容

 

☑️本記事の信憑性

この記事を書いている管理人は、筋トレ歴が4年で、ベストボディジャパンのファイナリスト。

そして3ヶ月で10kgの減量に成功しています。

 

 

①結論 → 炭水化物は抜いてはいけない

 

炭水化物抜きダイエットはおすすめできません。

なぜなら炭水化物は、私たちの身体や脳を動かすエネルギー源になるからです。

もし炭水化物を抜くとエネルギーが不足してしまいます。

不足すると筋肉を分解することでエネルギーを得ようとするので、筋肉量が減ってしまいます。

筋肉量が減ると、基礎代謝が下がり太りやすい体質になったり、リバウンドの原因になるので、炭水化物を抜いてはいけないのです。

だからダイエット中でも適量の炭水化物をとることをおすすめします。

具体的にどれくらい炭水化物をとるかは、過去の記事を参照ください。

 

② 炭水化物を摂るタイミング

 

まずダイエット含め、健康的な食生活全般において言えることがあります。

それは「食べるタイミング」よりも、「1日にどれだけ食べたか」ということです。

いくら食べるタイミングを気にしても、そもそも食べすぎていれば太ります。

逆にいうと、1日に食べる全体量さえ調整できていれば、食べるタイミングに関係なく痩せます。

なのでまずは、1日の摂取量を制限する。その上で余裕があれば、食べるタイミングに気をつけるべきだと思います。

 

この前提で、個人的に体脂肪の減少に効果的だった炭水化物の摂取タイミングを紹介します。

私が体脂肪の減少に効果的だった炭水化物の摂り方は、日中に1日に必要な炭水化物量の7割、夕食時に残り3割を食べる方法です。

夜は寝るだけなので、必要最低限のエネルギーを体に入れて、少し空腹を感じるくらいの状態で寝ます。

そうすると、体脂肪がより減っていく実感がありました。

また睡眠の質が高まっているせいか、翌朝のスッキリ感もかなり感じるので、ダイエットに関係なく健康の側面からもおすすめします。

 

 

③ おすすめの炭水化物

 

私がよく食べているのは、白米・パスタ・和菓子です。

理由として、白米とパスタは分量が把握しやすいからです。

よく白米より玄米の方がいいと言われていますが、個人的には別にどっちでもいいと思っています。

あくまでもどれだけ食べたかが大事なので、摂取量さえ守れているのであれば、白米の方が美味しいので、僕は白米です笑

和菓子をよく食べるのは、これも単純に好きだからです。

あと脂質が少ないということも理由です。

しかし、炭水化物の量が多いので食べ過ぎには注意が必要ですね。

 

 

本日のまとめ

 

・リバウンド等の原因になるので、炭水化物は抜くべきではない

・炭水化物を摂るタイミングは、日中に1日に必要な量の7割、夕食時に3割

・おすすめの炭水化物は白米・パスタ・和菓子。 

 

-Body make

Copyright© しんのすけ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.